松山歯科医院の診療コンセプト

松山歯科医院の診療コンセプト

食事や発音、そして外見にも大きく関わってくる歯。快適で楽しい生活を送っていくために、お口の健康は欠かせません。松山歯科医院では、皆様の生活をより良くするために、質の高い丁寧な治療を心がけております。

当医院の院長は元口腔外科医です。そのため、他の医院様で治療ができなかった方に対しても総合的見地からレベルの高い治療を行うことが可能です。しっかりした治療で安心感を得たいという方は、ぜひ当医院にお問い合わせ下さい。今まで培ってきた知識と技術を最大限活かし、治療に当たらせていただきます。

総合治療が大事です

口の中の問題は、いろいろのことが関係しあっていますので、総合的に治療できる歯科医院が、おすすめです。

右の図は、矯正用のレントゲン写真を、咬み合わせを調べる咬合器に重ねて、顎関節と顔の輪郭を示したイメージです。歯を抜かない矯正、低い咬み合わせ、親知らず、かみしめと歯ぎしりなど が互いに関係しあっていることを示しています。白い部分の歯を抜いて、前の歯を後ろに下げたら口元が緩むようなき気がしませんか?。奥歯の咬み合わせが低くなるような気がしませんか?。斜めに埋まった親知らず(黒)は 前の歯を押して咬み合わせをくずします。かみしめる癖があると、歯をいため(歯周病になり)、顎の関節(赤い部分))をいためます(顎関節症になる)。

歯科治療は総合的診断とそれを裏付ける技術が必要です。他の歯科医院では、不完全な矯正治療・低い咬み合わせがわからない・親知らずが抜けない・かみしめと歯ぎしりに対し充分対応されなかったなどが、転院されてこられる皆さんに多く見られる問題点です。

特殊な義歯も可能

様々な理由によってすべての歯を失ってしまった方は、総義歯を利用しなければ生活に支障が出てしまいます。しかし、従来の義歯では咀嚼や発音、咬み合わせなどに不都合が生じることが多いのです。当医院では、実用性や耐久力に優れた特殊な総義歯を用いる治療も行っております。

歯の健康を取り戻し、皆様が幸せに溢れた生活を送ることができるよう、松山歯科医院は全力でサポートいたします。

インプラントについて

歯を失った際に、そのリカバリー(補う方法)としてインプラント(人工歯根)を利用するのは非常に有効です。 私は歯科医療に長期間携わって来ましたが、骨と癒着する機能を持ったインプラントの出現は、画期的な事でした。
以前では、多数の歯を失うにつれて義歯(入れ歯)も入れることが難しい症例になった場合、この先どうすればと内心途方に暮れる方が多かったのが現実でした。 しかし最近ではインプラントがそんな方々の不安を取り除いてくれています。

インプラントに対する批判について

歯科医の中にもまだインプラントを勧めない(本当は出来ない)ことを、見聞きします。
インプラントに使われる金属はチタンですが、整形外科分野でも多用されています。
この様な事実を棚に上げて、一方的にインプラントを批判するのは?
大抵インプラントに対する技術を持たない方たちです。

インプラントはやはり「総合力」が必要です。
私は日本口腔インプラント学会の発足当時からの会員で、大学時代に口腔外科学教室に席を置かしてもらった事が私には幸いして、数々の症例を経験し技術の研鑽を行ってまいりました。
インプラント治療を行う医師の方々が増え、咬み合わせの悪いインプラントを入れた症例の出現を恐れていましたが、予想どおり、後方歯では咬合高径の低いものばかり目につくようになってきました。

当院は咬み合わせに対しては厳密な治療をするために、最近では他院で行ったインプラント治療後の咬み合わせが悪くなってしまった患者さんからの相談を受ける事が多くなっています。