インプラントでの質問回答

インプラントに関連する、よくある質問

インプラントに関連する、よくある質問をまとめました。ご不明な点がある方はご参考下さい。

  • Q1.インプラントを考えているのですが、デメリットはあるのでしょうか?
  • Q2.金属アレルギーなのですが、インプラント治療は可能なのでしょうか?
  • Q3.インプラント治療には、どのくらい期間がかかるのでしょうか?
  • Q4.インプラントの手術を受ける際に痛みはあるのでしょうか?
  • Q5.義歯を入れているのですが、インプラント治療は可能でしょうか?
  • Q6.現在、歯槽膿漏にかかっています。それでもインプラント治療は可能でしょうか?
  • Q7.インプラント治療が受けられない条件とはどんなものでしょうか?
  • Q8.インプラントはどれくらいの耐久性があるのでしょうか?

Q1.インプラントを考えているのですが、デメリットはあるのでしょうか?

インプラントのデメリットとしては、天然歯と同じようにプラークによって引き起こされる歯周病“インプラント周囲炎”があることや、現状では健康保険の適用外になってしまうことが挙げられます。詳しくは「当院のインプラント」をご覧下さい。

Q2.金属アレルギーなのですが、インプラント治療は可能なのでしょうか?

インプラントには生体親和性が非常に高い金属であるチタンを使用します。そのため金属アレルギーの方でも心配はいりません。

Q3.インプラント治療には、どれくらい期間がかかるのでしょうか?

実際に治療が行われるのは、カウンセリングから1ヵ月後が目安です。また、全診療過程が終了するまでは3〜6ヶ月程度かかります。

Q4.インプラントの手術を受ける際に痛みはあるのでしょうか?

麻酔をかけて施術しますので、手術中の痛みはありません。また、手術後の痛みの感じ方には個人差がありますが、親知らずを抜いた時と同じ程度の痛みだと言われています。

Q5.義歯を入れているのですが、インプラント治療は可能でしょうか?

インプラントは、義歯としっかり固定され、安定しますので問題ありません。まるで天然歯のような感覚で噛むことができるようになります。

Q6.現在、歯槽膿漏にかかっています。それでもインプラント治療は可能でしょうか?

歯槽膿漏にかかっている方には、そのままではインプラントを入れることができません。まずは歯槽膿漏の治療を行い、治癒してからインプラント治療を行って下さい。

Q7.インプラント治療が受けられない条件とはどんなものでしょうか?

持病などによって血圧や血糖値がコントロールできない状態の時は、インプラント治療ができない場合があります。まずは歯科医院にご相談下さい。

Q8.インプラントはどれくらいの耐久性があるのでしょうか?

現在では、インプラントは10年、さらには20年までも持っている場合が多いものです。インプラントは基本的にチタンでできているため、破損することはほとんどありません。ただし、歯周病によって土台であるあごの骨が侵されてしまうと、インプラントを支えきれなくなってしまいます。
また非常に強い力で噛みしめる癖がある人での、インプラントは、それ自体が破損したり、インプラント
自体が骨の中で緩んでしまうことがあります。インプラントを長持ちさせるためにも、口腔内の清掃など
十分なメンテナンスが必要です。