顎関節治療

顎関節症は治ります!

口を開けるときに痛みが走ったり、あごがうまく開かなくなったりする「顎関節症(がくかんせつしょう)」。会話や食事などに大きな支障が出てしまうためにお悩みの方も多いのでは。しかし、「もともと顎関節症という病名はなかった」ということをご存じでしょうか?顎関節症は顎の姿勢を直す事により治療できます。

実は顎関節症が問題となり始めたのはごく最近なのです。そのため「顎関節症」の定義はまだ曖昧ですが、その原因としては以下の4つが考えられています。

  • 1.不正咬合 (下顎のズレ)
  • 2.ストレス
  • 3.悪習慣
  • 4.精神身体症

原因が上記のものであれば、それに対処するための原因療法によって治療が可能です。松山歯科医院院長は口腔外科出身なので、顎関節症・かみあわせ治療を得意としております。

顎関節の症状にお悩みの方はお気軽にお問い合わせ下さい。もうひとつの、院長手作りのホームページに咬みあわせについて詳しくお知らせしていますので、あわせて見るようにしてください。

 

顎関節症の症状

顎関節症になると、以下のような症状が見られます。

開口時の痛み

痛む場所は耳の前の「顎関節」が多く、それ以外にも頬やこめかみの筋肉に痛みが出ることもあります。中には頭痛と混同してしまう方も多いようです。

あごを動かす際の音

口を開閉する際に顎関節が鳴る症状です。自覚がない方も多いのですが、あごを動かすと音がするという方はたくさんいるようです。

大きく開口できない

痛みのせいで口が大きく開けられないという症状が多く見られます。他にも関節自体の動きが制限されてしまい、口がほとんど開かなくなることもあります。

咬み合わせの変化

あごの関節や、あごを動かす筋肉に問題が生じることで、咬み合わせに微妙な変化が生じることがあります。

あごが閉じない

急にあごが閉じなくなる症状は顎関節症以外にもあり、あごが外れてしまった状態などが挙げられます。顎関節症の場合は、関節の中の組織にずれが生じているケースがあります。

その他

頭痛、首や肩の痛みとこり、耳の症状(耳の痛み、耳鳴り、耳が詰まった感じ、難聴、めまい)、舌の痛み、味覚の異常、目の疲れ、口の乾燥感などが挙げられます。まずは、これらの症状が顎関節症に関係するものなのか他の原因があるのか判断することが必要です。

上記のような症状が見られても、痛みがなければそのまま様子を見て構いません。顎関節症による症状は時間が経つにつれて軽減することが多く、大部分の方は1年以内に症状が軽減します。まずは1週間ほど様子を見て、症状が軽くならない場合は歯科を受診するようにしましょう。