総合治療の応用としてのインプラント

インプラントで総合治療

インプラントを応用することで、様々な症状の治療に役立てることができます。ここでは、インプラントの種類と応用法についてご紹介します。

歯を1本だけ欠損してしまった方

両隣の健康な歯を削って、ブリッジにはしないで、歯のない部分にインプラントを入れて治療ができます。天然歯と同様の外観と機能を得られることが特長です。

複数の歯を欠損してしまった方

欠損した部分をインプラントで修復することで、強度と安定性が得られます。このような症例に対する治療法としては、インプラントがもっとも安定しています。

無歯顎の方

インプラントと固定ブリッジ
インプラントと固定ブリッジを併用することで全顎の修復が可能です。安定性と審美性に優れた歯を半永久的に手に入れることができます。
All-On-4(オールオンフォー)
最新のインプラント治療法であるAll-On-4(オールオンフォー)は、4本のインプラントを利用して義歯を固定する治療法です。大きな特長として、骨が丈夫であれば、早期に義歯を装着することができます。